スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


まさかのまさか?
2008年03月31日 (月) | 編集 |
しなぁ の大好きな秘密基地に マロとソラが占領中






落ち着いて遊べないね… 。。。お邪魔虫のセキセイ’S






喧嘩が始まった? 。。。






さっきから何してるの? もしかして。。。






しなぁ …お口に何かついてるよぉ~






…ってまさかぁ~ラブゲロ してたの






種類が違う鳥同士でも…ラブゲロするのかしら   by ワーコ





にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
スポンサーサイト

本当にヤバイ!! 
2008年03月30日 (日) | 編集 |
我が家の息抜きのゲーム…Wiiのリモコン しなぁ はこれが大好き

テーピングしても 駄目でしたぁ~






可愛い顔して   破壊するのねぇ






電話コードをガードしていたけど…いつの間にか齧られていました






注意すると 逆に怒ってきます…(何でだよぉ~)







しかも。。。 ず~っと…ご機嫌ななめ(こっちが泣きたいよぉ~) by ワーコ




にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ

それぞれの性格
2008年03月29日 (土) | 編集 |
久々のゴミ箱で ルンルン♪ のしなぁ






しなぁ の重みで レジ袋が下へずり落ていきます






黙ってみているソラ 。。。信じられない (奥ゆかしくなったのかしら?)






マロは…他人のケージでまったり 時々、ソラと喧嘩してます。

私の手で発情する時のマロの怒り方が凄くなってきています






マロは私にベッタリ状態 ブランコの鏡にもあまり行かなくなりました。

ソラがちょっと気の毒…マロにもしなぁ にも追い払われる事が多く

ソラはみんなと遊びたい…しなぁ は人間大好き…マロは何を考えている分からない。

昨晩は順番を決めて マンツーマンのスキンシップをしました。 by ワーコ




にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ

しなぁ♪の気持ち…
2008年03月28日 (金) | 編集 |
しなぁ を引き取って3ヶ月は、一人でまったり、のんびり過ごしていたけど…

マロ&ソラと暮すようになって、どんな気持ちなんだろう  






自分のテリトリーを邪魔される事が多くなったし。。。

でも、ソラの事は気になるみたいだね






その場所も、しなぁ の遊び場だったよね






そうかと思うと ソラと見つめ合ったりするし (マロの事は苦手みたい)

しなぁは毎日楽しいのかなぁ~。。。三人で仲良くして欲しいんだけど…



にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ

ケリーちゃん☆ありがとう
2008年03月27日 (木) | 編集 |
ケリーちゃんは虹の橋を渡って、白い天使になりました。

職場で…「たかが犬ごときに、鳥ごときに病院だぁ~」と言う人もいます

世の中…色々な考え方をする人がいるなぁ~と思います。

ケリーちゃんの事は今回で最後になります、読んで頂いてありがとうございました。

以下の写真・文章等は
『著作権保有者の許可をいただいて使用しております』

  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


建物がひしめく繁華街の、鉛筆のような細い家の2階で愛情を求めて叫び続けていた
一羽のオウムは、閑静な住宅街の子供が3人いるおうちにやってきて、
そしてやっぱり毎日叫んだり自分を噛んだりしていた。


しかし、そこの家のままさんは『ペット』というより『第4子』として面倒をみた。
40年以上にわたる『毛引き』や『自虐』や『絶叫』が、すぐに止まるわけではない。
心の傷を治すには人間でも時間がかかる。『癖』は人間でもなかなかとれない。
オウムだって知能が高いし、感情も情緒もある。



せっかく新しい羽が生えてきても、やっぱりすぐに齧ってしまう。
手作りカラーをまいて、齧りにくいようにして、話しかけて、
可愛がって、毎日の地道な触れ合いで、それで少しずつ、信頼関係ができていく。
ケリーちゃんが一番なついたのは勿論『お母さん』だ。二番目が末っ子の女の子。
三番目が次男さん。犬もそうなんだけど、どうもオウムも『順位』をつけるらしい。
『オンリーワン』になる子も多いからね。
ま、とにかく、毎日家族はちゃんと帰ってきて話しかけてくれる。なぜてくれる。
ケージからも出してもらえる。おもちゃももらえる。ダンボールに首を突っ込んで、
かじって遊ぶことも出来る。ケリーちゃんは次第に落ち着いていった・・・・。



その他に気を配ったのは『食の改善』だ。ケリーちゃんはひまわりの種の他には、
時々アーモンドチョコレートの中の『アーモンド』しかもらっていなかった。
迎えてすぐに『りんご』をあげてみたそうなのだが、
そのりんごを大切そうに持っていた姿がいとおしかったそうだ。いったい、
何年ぶりに(いや、何十年ぶりに)もらったりんごだったんだろうね。
やせていたケリーちゃんは次第に健康をとりもどし・・・・・・
卵まで産むようになった・・・・・コタツの中で・・・・・得意そうな顔をして見せたそうだよ・・・。
そう、コタツは大のお気に入りになった。あったかいものね。
冬はやっぱりコタツだ!
・・・ケリーちゃんのごひいきになれなかった人は足を噛まれちゃうけどね・・・・・・。


さて、ケリーちゃんが抱えていたトラウマを象徴する出来事を書いておこう。
ある日、家族は夜にそろって外出することにしていた。そういうことってあるよね。
コンサートとか、野球観戦とか、Jリーグの試合とか、家族そろってのお出かけは
家族の歴史のいい思い出になる。
その日は長男さんだけは家に残って、他の家族は揃って出かけていった。
すると、ケリーちゃんが気が狂ったように暴れだした。絶叫し、自分を噛む。
血が流れる。長男さんはなんとかなだめようとしたが、どうすることもできない。
ケリーちゃんが心を寄せることにした人。つまり、お母さんと、末っ子の女の子と、
次男さんがケリーちゃんを置いて、夜にいなくなってしまったわけだ。
好きな人がみんないなくなってしまった
いつも一人ぼっちで置いていかれて『寂しい』ということが
トラウマになっていたケリーちゃんにしてみれば、それは再び襲ってきた恐怖でしかなかった。

またひとりぼっちでおいていかれる
ケリーちゃんは暴れまくった。自分を噛みまくった。
長男さんは『ケリーが大変だ』と携帯電話ですぐに連絡した。
外出を楽しんでいた家族は・・・勿論大急ぎで帰ってきた。

オウムには心がある。愛情がある。感情がある。知性がある。
好きな人に心を寄せてくれる。
そして、年をとったオウムは人の心を理解できるようになっている。
人間の子供は元気に帰ってくることもあるし、落ち込んで帰ってくることもある。
不思議なことにケリーちゃんは落ち込んで帰ってきた人のところにくっついていったそうだ。
愚痴もたくさん聞いてくれたそうだ。



去年の夏、暑い夏、ケリーちゃんは食欲をなくして、ちょっとやせてきていた。
しかし、秋には元気を取り戻し、食欲も増して元気になった。
しかし、寒くなった12月。外出先からお母さんが帰ってきて、
ケージから出してもらって、コタツに入っていた次男さんに甘えに行ったとき、
突然様子がおかしくなった。お母さんは急いで抱き上げた。
そして安心するかのようにお母さんのお顔を見上げ、
ケリーちゃんは動かなくなった。
2年と8ヶ月のケリーちゃんの幸せな日々だった。


優しい飼い主さんに出逢えて良かったね ケリーちゃん

我が家の天使になった、ピー介とチビとブルーエンジェルと、

ケリーちゃんは 天国で一緒に遊んでいるような気がします。 by ワーコ


にほんブログ村 鳥ブログへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。